〜マッサージ中の会話で頭を活性化!!〜   認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ Cure Space 一歩

認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ

Cure Space 一歩  院長 齋藤です。

 

 

訪問マッサージの時、患者様との会話には

“しりとり”や計算問題”など頭を使う会話をしたりします。

 

 

認知症予防や認知症ケアには頭を使うことが

とても大切なので、わずかな時間も有効に使います。

 

 

ある患者様との会話には毎回お題として

特定のひらがなが頭に付くワードを

出来るだけ多く言ってもらっています。

 

 

先日のお題は “て”

 

 

手ぶくろ、手首、天狗…など

思いつくままに言ってもらい、行き詰まるとヒントを。

 

 

指を上にさして……“天井!”

ラケットで玉を打つのは?……“テニス!”などなど。

 

 

そんな中、“天丼!”と答えが出たので、

食べることが大好きな患者様には

ここから会話を広げます^^

 

 

私 “天丼に乗せたいのを5つ言ってみて〜^^”

 

 

患 “……とんかつ!!

 

 

 

 

 

思わずヨダレが飛ぶくらい吹いてしまいましたよ。

 

 

マスクしててよかった笑

 

 

 

頭の活性化になればいいなと思ってやっていますが

患者様は突拍子もない事を言いますので

覚悟が必要です笑

 

 

天丼_天ぷら_(5251024045)

 

 

認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ

Cure Space 一歩  院長 齋藤 愛子