〜入院中のリハビリに〜    認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ Cure Space 一歩

認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ

Cure Space 一歩  院長  齋藤です。

 

 

先日入院した祖母もようやく退院いたしました。

 

 

入院中はずっと傷口が痛くとても辛そうでしたが

ドクターからは“認知症や寝たきりにならないように”と

クギを刺されているので

 

 

ここは私も意地だなと思い

ほぼ毎日病院に通いつめました。

 

 

いきなり歩行は傷口に影響がでるため

せめてもとベッド上でのリハビリを。

 

 

まずは手を使うこと。

そして頭を使うこと。

 

 

上体を起こして座るのも痛いので

少しだけ頭を上げ、一枚の折り紙を手渡しました。

 

 

image

 

 

初めは折り方を間違えたりしましたが

なんとか一つの折り鶴を完成しました^^

 

 

他にも、紙に描いたイラストをハサミで切ったり

ネジを回して外してみたり…

 

 

とにかく手を休めないように

暇を与えないように。

 

 

こんな機会でなくても

もっと時間を作ってあげないといけなかったな。。

 

 

そう考えながら短い面会時間は過ぎていきました。

 

 

少し起き上がれるようになってからは

漢字や計算問題などに取り組んでもらいました。

 

 

image image

 

 

image

 

 

商売人なので計算はお手もの^^

ほとんど間違えることなく解いてしまいました。

 

 

後日、歩行も出来るようになり

起きてる時はなるべく歩いてもらいました。

 

 

ひ孫からの手紙を何回も読んだりして

早く退院したい気持ちがあってか

思ったより早く退院出来たので、一安心しました^^

 

 

入院中はお仕事のスケジュールを変更したり

皆様にはご心配をおかけいたしました。

 

 

本当にありがとうございました^^

 

 

認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ

Cure Space 一歩  院長  齋藤 愛子