〜認知症予防実践プログラム(ADAP)第二回『認知症への取り組み・お手玉』    認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ Cure Space 一歩

認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ

Cure Space 一歩  院長  齋藤です。

 

 

前回、認知症予防実践プログラム(ADAP)では

多くの参加者の方々で賑わっていましたが

 

 

今回の第二回『認知症への取り組み・お手玉』には

前回を上回る31名の参加者で更に賑わいを増していました!

 

 

image

 

 

今回も会場は名古屋市天白区にある

平針南コミニュティセンターにて行われました。

 

 

 

 

 

平針南コミュニティーセンター

 

 

 

前半は地域包括支援センターの方による

認知症への取り組みについてお話していただきました。

 

 

image

 

 

皆さんとても真剣にお話に耳を傾けていました。

 

 

続いて、お手玉協会を立ち上げた日向先生による

お手玉の実演を交えながら皆さんで体験していただきました。

 

image

 

 

 

image image

 

 

一般的に行うような2、3個のお手玉を

投げて回すだけでなく、野球選手のイチロー選手のような

背面キャッチなど…

 

これがなかなか難しいのです(^^;;

 

 

image image

 

 

理事の西野先生も苦戦中です(笑)

 

他にも、ゴムひもの付いたお手玉など

様々なお手玉を披露していただきました♪

 

 

講師の日向先生によると、お手玉は

簡単なようで難しく、集中力が必要ではあるが

コツさえつかめば簡単で楽しく行えるだけでなく

 

シャリシャリ音や感触が脳にとても良い刺激

与えてるので素晴らしいアイテムなのだとか♪♪

 

 

精神的な病や、うつ病の方の改善にも

一役かっているともおっしゃっていました。

 

 

後半は軽い運動を行い、休憩を挟んだ後

カラオケと紙芝居を。

 

 

image

 

 

 

image

 

 

体を動かすこと、声を出すことは

認知症予防には欠かせません☆

 

 

次回は5月28日(土)10時〜12時

テーマは『食が第一』です。

 

 

皆様のご参加お待ちしております♪♪

 

 

 

認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ

Cure Space 一歩  院長  齋藤 愛子