〜認知症予防実践プログラム第2回 新オレンジプラン〜    認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ・はり・きゅう 〜Cure Space 一歩〜

認知症対応

名古屋の訪問リハビリマッサージ・はり・きゅう

Cure Space 一歩 院長 齋藤です。

 

 

 

先日、名古屋の平針南コミュニティーセンターにて

NPO法人健康な脳づくりによる認知症予防実践プログラムの

第2回目の講座が開催されました。

 

テーマは“新オレンジプラン”

 

新オレンジプランとは

厚生労働省による認知症対策の国家戦略で

以下の7つの柱をもとに構成される。

 

 

1.認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進
→正しい知識と理解を持ち認知症当人や家族を支援する
「認知症サポーター」を2017年度末までに800万人養成

2.認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供

→医療・介護従事者の対応力向上を推進。
かかりつけ医の認知症への対応力を向上させる研修の実施など
→できる限り早い段階から支援するための
「認知症初期集中支援チーム」を2018年度までに
全市区町村に配置
→地域の医療・介護などを連携させるコーディネーター
(認知症地域支援推進員)を2018年度までに全市区町村に配置
3.若年性認知症施策の強化
4.認知症の人の介護者への支援
5.認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進
→徘徊などに対応できる見守りネットワークの構築
詐欺など消費者被害の防止など、安全対策を省庁横断的に推進
6.認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデル等の研究開発及びその成果の普及の推進
→2020年頃までに、全国1万人規模の追跡調査を実施。
認知症のリスクを高める因子(糖尿病等)や
リスクを軽減させる因子(運動等)を明らかにし、
効果的な予防法の確立を目指す
→2020年頃までに、日本発の根本治療薬の治験開始を目指す
7.認知症の人やその家族の視点の重視

と、文章では小難しい内容ですが^^;

 

健康な脳づくり主催の認知症予防プログラムは

脳を活性化しながら運動をするのが主な目的になっており

 

今回のプログラム参加者は60〜80代の方が多いので

上記の5と6の項目にあたりますね^^

 

 

内容は、新オレンジプランの説明と

高反発素材のクッション(JPクッション)や

同じ素材のミラクルグリップを手にしてもらい

皆様に体験していただきました。

 

 

その他にも様々な運動器具を使い体を動かした後

発声の為に参加者の皆さんでカラオケをしました。

 

 

image

 

 

 

今回は理事長の西野先生による紙芝居もありました。

 

 

image

 

 

 

20名以上の参加で大変盛り上がりました♪

 

中でも80代の参加者で、体がとても柔軟な方が‼︎

ストレッチ指導の私もビックリな柔軟性…。

 

 

日頃の努力があってこそですね^^

 

 

来月以降も引き続き平針南コミュニティーセンターで

認知症予防プログラムを開催いたします。

 

 

5月の予定は10日(日)と31日(日)で

時間は13時30分から15時30分です。

 

 

途中からの回でも参加可能ですので

お気軽にご参加下さいませ^^

(1回の参加費は250円です)

 

 

 

認知症対応

名古屋の訪問リハビリマッサージ・はり・きゅう

Cure Space 一歩 院長 齋藤 愛子