〜認知症予防実践プログラム(ADAP)に参加してきました!〜    認知症対応 名古屋の訪問リハビリマッサージ・はり・きゅう 〜Cure Space 一歩〜

認知症対応

名古屋の訪問リハビリマッサージ・はり・きゅう

Cure Space 一歩  院長 齋藤です。

 

 

先週の土曜、名古屋市天白区にあります

平針南コミュニティーセンターにて

NPO法人 健康な脳づくり主催のプログラム

“認知症予防実践プログラム(ADAP)”が行なわれました。

 

 

微力ながら私も担当スタッフとして参加し

認知症予防のお手伝いをしてきました。

 

 

 

全8回に及ぶプログラムでは

手・足・口を繰り返し楽しく働かせ

脳を活性化して、認知症予防に取り組み

効果的な運動方法や生活習慣を実践的に

体験していただくものです。

 

 

第1回は目的説明を中心に

認知機能テスト(MoCA)と

気分の状態確認テスト(PANAS)を実施しました。

 

image

 

 

このテストは第1回と最終日に行われ

4ヶ月後にどのような効果が現れるかを判定します。

 

 

今回はテストだけでなく、プログラムの目的である

 

“手・足・口を動かし脳を活性化する”

 

 

手・足・口を同時に動かす運動の為に

今回使用したのは、以前ご紹介した

 

“ミラクルグリップ”と

“高反発クッション”(商品名:JPクッション)です。

 

 

image

 

 

 

 

IMG_0550

 

※会場での画像が1枚も撮影出来なかったので

患者様のMさんとの画像になります^^;

 

 

このJPクッションとミラクルグリップを

参加者に皆様に体験していただきました。

 

 

ただ個別に使用するのでなく

グリップをにぎにぎと握りながら

床からクッションへ踏み台昇降運動の様に動き

かつ数字を数えていただきました。

 

 

参加者は60代から80代の方が中心でしたが

皆さん生き生きとしていらっしゃいました^^

 

 

しかしながら参加者5名と講師のスタッフで順に

100から7を引き算していきながらの運動には

参加者の方々は緊張と戸惑いでアタフタ(汗)

 

 

中には途中で立ち止まってしまう方もいましたが

慣れてきた頃には皆さん笑顔で血色も良くなり

後半のストレッチの時には積極的に参加していました。

 

 

参加者のほとんどは女性で、皆さん元気な方ばかり♪

次回の参加も楽しみにしているとのことでした。

 

 

次回は4月26日(日)10時から12時

テーマは“新オレンジプラン”

平針南コミュニティーセンターにて開催します。

(駐車場スペースもございます)

 

 

ご興味のある方のご参加お待ちしております。

 

 

 

認知症対応

名古屋の訪問リハビリマッサージ・はり・きゅう

〜Cure Space 一歩〜 院長 齋藤 愛子